研究室・教員一覧 新崎 恒平准教授

研究者名
新崎 恒平(アラサキ コウヘイ)
所属
生命科学部 生命医科学科 分子細胞生物学研究室
職位 / 学位
准教授 / 博士(生命科学)
研究課題
レジオネラをモデルとした病原細菌による細胞内発症機構の解明
キーワード
細胞内小胞輸送 、 膜融合 、 レジオネラ感染

メッセージ

生命科学の分野では、まだまだ分からないことが多く残されています。つまり、皆さんにも世界をビックリさせられる大発見が出来るチャンスがあります!私たちと一緒に「新しい発見」に向けてチャレンジしましょう!!

学歴

2003年~2006年 東京薬科大学 生命科学研究科・博士課程
2001年~2003年 東京薬科大学 生命科学研究科・修士課程
1998年~2001年 東京薬科大学 生命科学部 分子生命科学科

経歴

2018年04月~現在 東京薬科大学 准教授
2015年04月~2018年03月 東京薬科大学 講師
2011年04月~2015年03月 東京薬科大学 助教
2007年04月~2011年03月 Yale大学 博士研究員
2006年04月~2007年03月 東京薬科大学 博士研究員

研究業績(論文)

  • Hana Kimura, Kohei Arasaki, Moe Iitsuka, Mitsuo Tagaya. Syntaxin 17 Recruits ACSL3 to Lipid Microdomains in Lipid Droplet Biogenesis. Contact. 2019
  • Arasaki K, Kimura H, Tagaya M, Roy CR. Legionella remodels the plasma membrane-derived vacuole by utilizing exocyst components as tethers. The Journal of cell biology. 2018. 217. 11. 3863-3872
  • Sugo M, Kimura H, Arasaki K, Amemiya T, Hirota N, Dohmae N, Imai Y, Inoshita T, Shiba-Fukushima K, Hattori N, Cheng J, Fujimoto T, Wakana Y, Inoue H, Tagaya M. Syntaxin 17 regulates the localization and function of PGAM5 in mitochondrial division and mitophagy. The EMBO journal. 2018. 37. 21
  • Arasaki K, Nagashima H, Kurosawa Y, Kimura H, Nishida N, Dohmae N, Yamamoto A, Yanagi S, Wakana Y, Inoue H, Tagaya M. MAP1B-LC1 prevents autophagosome formation by linking syntaxin 17 to microtubules. EMBO reports. 2018. 19. 8
  • Kimura H, Arasaki K, Ohsaki Y, Fujimoto T, Ohtomo T, Yamada J, Tagaya M. Syntaxin 17 promotes lipid droplet formation by regulating the distribution of acyl-CoA synthetase 3. Journal of lipid research. 2018. 59. 5. 805-819

受賞歴

2017年12月 日本生化学会 奨励賞 小胞体SNAREの多様な生理機能

所属学会

日本細菌学会 , 日本生化学会