研究室・教員一覧 藤川 雄太助教

研究者名
藤川 雄太(フジカワ ユウタ)
所属
生命科学部 分子生命科学科 分子生物化学研究室
職位 / 学位
助教 / 博士(薬学)
研究課題
細胞内レドックス関連因子検出法の開発およびその応用
キーワード
レドックス 、 スクリーニング 、 バイオイメージング 、 蛍光イメージング

メッセージ

東薬の素晴らしい環境でぜひ一緒に学びましょう。

学歴

2004年~2009年 東京大学大学院 薬学系研究科
2000年~2004年 千葉大学 薬学部 総合薬品科学科

経歴

2012年09月~現在 東京薬科大学 助教
2011年09月~2012年08月 日本学術振興会特別研究員 博士研究員(PD)
2009年09月~2012年08月 German Cancer Research Center 博士研究員
2006年04月~2009年03月 日本学術振興会 特別研究員(DC1)

研究業績(論文)

  • An integrated approach to unravel a crucial structural property required for the function of the insect steroidogenic Halloween protein Noppera-bo. Kotaro Koiwai, Kazue Inaba, Kana Morohashi, Sora Enya, Reina Arai, Hirotatsu Kojima, Takayoshi Okabe, Yuuta Fujikawa, Hideshi Inoue, Ryunosuke Yoshino, Takatsugu Hirokawa, Koichiro Kato, Kaori Fukuzawa, Yuko Shimada-Niwa, Akira Nakamura, Fumiaki Yumoto, Toshiya Senda, Ryusuke Niwa The Journal of biological chemistry 295(20) 7154 - 7167 2020年5月15日
  • The evolutionarily conserved deubiquitinase UBH1/UCH-L1 augments DAF7/TGF-β signaling, inhibits dauer larva formation, and enhances lung tumorigenesis Asami Nagata, Fumiko Itoh, Ayaka Sasho, Kaho Sugita, Riko Suzuki, Hiroki Hinata, Yuta Shimoda, Eri Suzuki, Yuki Maemoto, Toshihiko Inagawa, Yuuta Fujikawa, Eri Ikeda, Chiaki Fujii, Hideshi Inoue Journal of Biological Chemistry jbc.RA119.011222 - jbc.RA119.011222 2020年5月5日
  • Convenient synthesis of regioisomerically pure 5- and 6-functionalized xanthene dyes via SNAr reaction and comparison of their reactivity towards click reaction Masaya Mori, Yuuta Fujikawa, Hideshi Inoue Tetrahedron 76(15) 131087 - 131087 2020年4月
  • ドイツでのポスドクとしての期間を振り返る 140(1) 43 - 46 2020年1月1日
  • 4-Bromo-1,8-naphthalimide derivatives as fluorogenic substrates for live cell imaging of glutathione S-transferase (GST) activity. Fujikawa, Y, Terakado, K, Nampo, T, Mori, M, Inoue, H 204 633 - 640 2019年11月

研究業績(著書)

  • Oxidative Stress and Redox Regulation
    Springer Press 2013

受賞歴

2009/06 - 第62回日本酸化ストレス学会学術集会 優秀演題賞 新規GST活性検出蛍光プローブによるリアルタイムGST活性イメージング
2008/10 - 第23回日本薬物動態学会年会 ベストポスター賞 細胞内在性GST活性検出蛍光プローブの開発とその応用
2008/10 - Lipid Peroxidation2008 Young Investigator Award Design and synthesis of the fluorescence probes for Glutathione S-Transferase(GST) and application for activity imaging in live cells
2008/06 - 日本分析化学会第57年会 若手優秀賞 細胞内GST活性検出蛍光プローブDNAT-Meの開発と生物応用

所属学会

日本癌学会 , 日本酸化ストレス学会 , 日本ケミカルバイオロジー学会 , 日本薬学会