研究室・教員一覧 梅村 知也教授

研究者名
梅村 知也(ウメムラ トモナリ)
所属
生命科学部 分子生命科学科 生命分析化学研究室
職位 / 学位
教授
研究課題
疾病や環境変動に対する超早期診断技術の開発と予防に関する研究
キーワード
クロマトグラフィー 、 キャピラリー電気クロマトグラフィー 、 モノリスカラム 、 オミックス 、 プロテオミクス 、 メタロミクス 、 スペシエーション

メッセージ

これからの長い人生において高校生活はたったの3年でしかありません。でも、かけがえのない非常に濃密な時期です。何事にも悔いのないように全力でぶつかっていってください!

学歴

1999年

名古屋大学 大学院工学研究科 物質制御工学専攻
1994年 名古屋大学 工学部 応用化学科

経歴

2013年04月~現在 東京薬科大学 教授
2008年09月~2013年03月 名古屋大学 准教授
2007年04月~2008年08月 名古屋大学 准教授
2004年07月~2007年03月 名古屋大学 助教授
1999年04月~2004年06月 群馬大学 助手

研究業績(論文)

  • 梅村 知也. Elucidation of Ion-Pairing Elution Behavior of Anions and Cations in Electrostatic Ion Chromatography Using Water as a Mobile Phase. Chromatography. 2019. 40
  • Investigation of Adverse Effect of Coexisting Aminopolycarboxylates on the Determination of Rare Earth Elements by ICP-MS After Solid Phase Extraction Using an Iminodiacetate-Based Chelating-Resin. Chemosphere. 2019. 214. 288-294
  • Hirose Atsumi, Kasai Takuya, Aoki Motohide, Umemura Tomonari, Watanabe Kazuya, Kouzuma Atsushi. Electrochemically active bacteria sense electrode potentials for regulating catabolic pathways. NATURE COMMUNICATIONS. 2018. 9
  • Tani Hidenori, Okuda Sayaka, Nakamura Kaoru, Aoki Motohide, Umemura Tomonari. Short-lived long non-coding RNAs as surrogate indicators for chemical exposure and LINC00152 and MALAT1 modulate their neighboring genes. PLOS ONE. 2017. 12. 7
  • Takiguchi Hiromi, Asanuma Soto, Kamiyama Junya, Murata Hiroyasu, Hasegawa Yuki, Yoshizawa Satoshi, Hotta Hiroki, Odake Tamao, Umemura Tomonari, Sato Kiichi, Tsunoda Kin-ichi. Development of Tetrahydrofuran/Water Optical Waveguide and Its Application to the Observation of Extraction Behavior of 1-Anilino-8-naphtalene Sulfonate at the Tetrahydrofuran/Water Interface. ANALYTICAL SCIENCES. 2017. 33. 4. 449-455

研究業績(著書)

  • 先端の分析法-理工学からナノバイオまで-
    エヌ・ティー・エス 2004
  • クリスチャン分析化学 II. 機器分析編
    丸善 2005
  • クリスチャン分析化学 I. 基礎編
    丸善 2005
  • 若手研究者のための機器分析ラボガイド
    講談社サイエンティフィク 2006
  • 改訂六版 分析化学便覧 日本分析化学会編
    丸善出版 2011

所属学会

日本化学会 , 日本分析化学会 , プラズマ分光分析研究会 , 日本微量元素学会 , メタロミクス研究会 , 環境分析研究懇談会