学部・大学院 薬学部

News&Topics News&Topics

基礎薬学と臨床薬学が融合した、薬学教育を展開 [教育理念] 薬学部は、医療を担う薬学人に相応しい充分な知識と技術、及び人類の福祉に貢献できる豊かな人間性と広い視野を持つ人材を育成します。

基礎薬学と臨床薬学が融合した、薬学教育を展開 [教育理念] 薬学部は、医療を担う薬学人に相応しい充分な知識と技術、及び人類の福祉に貢献できる豊かな人間性と広い視野を持つ人材を育成します。

薬学部 Topics

就職希望者の就職決定率が
ほぼ100%
先進的なキャリアサポートと卒業生の活躍
就職率は今や大学の教育力をはかる重要なポイントです。本学は日本の薬科大学として初めてキャリアセンターを設立するなど、学生のキャリアサポートにおいて常に先進的な取り組みを続けており、就職希望者の99.4%が就職しています。また、130年を超える歴史をもつ本学は、社会からの信頼も厚く、多くの先輩が医療分野、企業、公務員などの重要なポジションで活躍しています。こうした卒業生の活躍も、東薬生が広く社会で求められる要因の一つとなっています。
国家試験の変化にも柔軟に対応できる体制
過去3年間で、1041名もの合格者を輩出
本学は全国の薬学部をもつ大学の中で最も多くの薬剤師を輩出しています。6年制に移行し試験の出題傾向や難易度も大きく変わりましたが、そうした変化にも柔軟に対応し、過去3年間で1041名もの国家試験合格者を輩出しました。その実績を支えているのは、私立薬科大学で最も長い歴史を誇る本学が積み上げてきた圧倒的な情報量と国家試験に対する高度な分析です。
大学キャンパス内の東京薬科大学附属薬局が実務実習教育施設として機能発揮
2014年6月に開局した東京薬科大学附属薬局は、今日では90以上の医療機関の発行した数万枚の処方箋を取り扱い、365日対応して地域社会に医療貢献しています。2015年4月には建物全体が大学の校舎(キャンパス)として文部科学省から認定され、校舎の中に調剤薬局があるユニークなものです。薬学5年生の実務実習も2016年度から本格化し年三期約50名に対し質の高い実務実習教育を行い当初の目的を達成しました。また、薬学1年生の早期臨床体験も2015年度から年6回12組250名以上に実施しています。調剤業務と薬学の実践教育とがかみ合った大型薬局として注目されています。