研究室・教員一覧 田中 正人教授

研究者名
田中 正人(タナカ マサト)
所属
生命科学部 生命医科学科 免疫制御学研究室
職位 / 学位
教授 / 博士(医学)
研究課題
自然免疫制御を基盤とした自己免疫疾患およびがんの新規治療法の開発
キーワード
マクロファージ 、 細胞死

メッセージ

最近の研究により、免疫の異常は、自己免疫疾患やがん等、様々な疾患の発症や進行に重要な役割を担っていることが明らかになってきました。免疫制御学研究室では、免疫の中でも、好中球やマクロファージといった自然免疫細胞の働きに焦点をあて、これらを制御することによる新しい疾患治療法の開発を目指しています。

学歴

1991年~1995年 東京医科歯科大学大学院 医学系研究科
1982年~1988年 東京医科歯科大学 医学部

経歴

2011年04月~現在 東京薬科大学 教授
2002年08月~2011年03月 理化学研究所 チームリーダー
2000年01月~2004年03月 大阪大学大学院 助教授
1999年08月~1999年12月 大阪大学大学院 助手
1997年09月~1999年07月 Tularik Inc.(USA)
1996年12月~1997年08月 大阪大学 助手
1995年08月~1996年11月 日本学術振興会 特別研究員
1995年04月~1995年07月 大阪バイオサイエンス研究所 非常勤職員
1993年11月~1995年03月 大阪バイオサイエンス研究所 共同研究員
1989年06月~1991年05月 武蔵野赤十字病院 医員
1988年06月~1989年05月 東京医科歯科大学医学部附属病院 医員(研修医)

研究業績(論文)

  • Camara A, Cordeiro OG, Alloush F, Sponsel J, Chypre M, Onder L, Asano K, Tanaka M, Yagita H, Ludewig B, Flacher V, Mueller CG. Lymph Node Mesenchymal and Endothelial Stromal Cells Cooperate via the RANK-RANKL Cytokine Axis to Shape the Sinusoidal Macrophage Niche. Immunity. 2019. 50. 6. 1467-1481.e6
  • Wei Q, Boulais PE, Zhang D, Pinho S, Tanaka M, Frenette PS. Maea expressed by macrophages, but not erythroblasts, maintains postnatal murine bone marrow erythroblastic islands. Blood. 2019. 133. 11. 1222-1232
  • Ikeda N, Asano K, Kikuchi K, Uchida Y, Ikegami H, Takagi R, Yotsumoto S, Shibuya T, Makino-Okamura C, Fukuyama H, Watanabe T, Ohmuraya M, Araki K, Nishitai G, Tanaka M. Emergence of immunoregulatory Ym1+Ly6Chi monocytes during recovery phase of tissue injury. Science immunology. 2018. 3. 28
  • Deguchi Y, Nishina T, Asano K, Ohmuraya M, Nakagawa Y, Nakagata N, Sakuma T, Yamamoto T, Araki K, Mikami T, Tanaka M, Nakano H. Generation of and characterization of anti-IL-11 antibodies using newly established Il11-deficient mice. Biochemical and biophysical research communications. 2018. 505. 2. 453-459
  • Kikuchi K, Iida M, Ikeda N, Moriyama S, Hamada M, Takahashi S, Kitamura H, Watanabe T, Hasegawa Y, Hase K, Fukuhara T, Sato H, Kobayashi EH, Suzuki T, Yamamoto M, Tanaka M, Asano K. Macrophages Switch Their Phenotype by Regulating Maf Expression during Different Phases of Inflammation. Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950). 2018. 201. 2. 635-651

所属学会

日本Cell Death学会 , マクロファージ分子細胞生物学研究会 , 日本分子生物学会 , 日本免疫学会 , 日本生化学会