学外者対象イベント 生命科学への誘い(実験)|教員対象

生命科学への誘い教員 アイキャッチ 2000×1125.jpg

イベント概要

日時
2020年8月23日(日) 10:00~16:00
場所
東京薬科大学 八王子キャンパス
アクセスはこちら
対象
中学・高校教員(理科)の方
参加費
無料

実験内容

テーマ
酵素で食品を変化させる
講師
生命科学部 応用生命科学科 熊澤 義之 教授
生命科学部 応用生命科学科 時下 進一 准教授
概要

酵素は生命活動の維持に欠かせない触媒であり、生命科学をはじめ様々な分野で研究されています。基質特異性や条件変化による反応性の変化等を観察することは、生命活動理解の一助として、多くの授業で用いられていると思います。一方、酵素は身近な食品加工にも用いられており、様々な酵素が異なる特異性や機構を利用され、活用されています。本実習では、機構の異なる2種類の酵素を用いて、液状の食品原料を固体化する際の変化を観察、評価します。本実習を通じて、酵素に関する知識をより深めていただき、授業でも役立てられるようになっていただきたいと思います。

申込み受付

  • 先着10名程度。満員になり次第締め切らせていただきます。
  • 申込期限は2020年7月27日(月)とします。
  • 電話による受付は行いません。

個人情報の取り扱いについて

お申し込みの際にお知らせいただいた住所・氏名その他の個人情報は体験実習の際の保険加入(大学で加入)、大学からのお知らせ(イベント案内・資料の送付・メールマガジン等) や、個人を特定しない集計処理に利用いたします。また、個人情報を本人の承諾なしに、第三者(発送代行業務委託先を除く)に提供することはいたしません。

その他

  • 新型コロナウイルスの感染状況により中止する場合があります。開催の詳細はホームページからご確認ください。

過去の開催情報

本件に関するお問い合わせ

東京薬科大学 生命科学事務課