学外者対象イベント 【来場型】生命科学への誘い(実験)|教員対象

teacher-lifescience-banner2021-2000.jpg

イベント概要

日時
2021年8月22日(日) 10:00~16:00
場所
東京薬科大学 八王子キャンパス
アクセスはこちら
対象
中学・高校教員(理科)の方
参加費
無料
開催案内

実験内容

テーマ
藻類におけるストレス応答 -油脂の蓄積
概要

ストレス応答は、生命を維持する上で必須の生理過程です。例えば、光合成を行う藻類は、栄養欠乏ストレス下、エネルギー源や炭素源となる油脂を蓄積します。これにより藻類は、細胞内のエネルギーレベルを適度に維持することで、有毒な活性酸素の発生を抑制し、同時に、将来、そのストレスから解放された際、蓄積した油脂の異化を通して、生育を再開します。一方、藻類の油脂を原料とするバイオ燃料は、光合成により再生可能であり、またカーボンニュートラルでもあるため、近年、注目されています。本実習では、油脂蓄積能に優れた、緑藻クロレラを用いて、その細胞内での蓄積の様子を蛍光顕微鏡観察し、また細胞から油脂を単離します。本実習を通して、生物のストレス応答、その産業利用に関する知識をより深めていただき、授業に役立てていただければと思います。

申込み受付

申込フォーム

  • 教員免許状更新講習を受講される方はこちらからお申込みください
  • 先着12名程度。満員になり次第締め切らせていただきます。
  • 申込期限は2021年7月26日(月)とします。
  • 電話による受付は行いません。

個人情報の取り扱いについて

お申し込みの際にお知らせいただいた住所・氏名その他の個人情報は体験実習の際の保険加入(大学で加入)、大学からのお知らせ(イベント案内・資料の送付・メールマガジン等) や、個人を特定しない集計処理に利用いたします。また、個人情報を本人の承諾なしに、第三者(発送代行業務委託先を除く)に提供することはいたしません。

その他

  • 新型コロナウイルスの感染状況により中止する場合があります。開催の詳細はホームページからご確認ください。

  • 本プログラムの一部は、JST「女子中高生の理系進路選択支援プログラム」採択事業「TAMAリケジョ育成プログラム」の一環として実施いたします。

過去の開催情報

本件に関するお問い合わせ

東京薬科大学 生命科学事務課