ニュース&トピックス 中高生対象の研究発表会『TAMAサイエンスフェスティバルinTOYAKU 2023』を開催|プレスリリース

  • 生命科学部
  • 研究活動
  • 入試情報

2023.11.30

プレスリリース

東京薬科大学が中高生対象の研究発表会『TAMAサイエンスフェスティバルinTOYAKU 2023』を開催~ 未来の研究者がオンラインで集う ~

概要

東京薬科大学(東京都八王子市)は11月12日(日)に、今回で5回目を迎える中高生を対象とした研究発表会 『TAMAサイエンスフェスティバルinTOYAKU2023』をオンラインで開催しました。日本全国から集まった25校54件の演題の中から、最優秀賞である2016年ノーベル生理学・医学賞受賞の大隅良典先生の名を冠した「大隅賞」が選ばれました。

本会では、発表者が事前に研究の発表要旨(A4一枚)と研究発表ポスターを提出し、参加者は3D閲覧サイトで閲覧しながら、発表会当日に『ZOOM』上でディスカッションを行う形式で実施しました。全国各地から中学生・高校生や指導教員などのべ130名が参加し、発表内容も多様でハイレベルなものが数多く見受けられました。発表会では、本学教員による質問やアドバイスに耳を傾け、熱のこもった質疑応答や、中高生同士の意見交換で盛り上がり談笑する場面も多くあり、盛会のうちに終了しました。また、発表者以外の生徒のモチベーションの向上を目的とし、議論によって本イベントの盛り上げに貢献していただいた方を表彰するベストディスカッサー賞を新設しました。

3Dposter1.jpg当日の様子 3Dポスター展示①

3Dposter2.jpg当日の様子 3Dポスター展示②

R5TAMA2023_900x528.jpg当日の様子 Zoom 参加風景

発表後には、大学から発表者全員に対してフィードバックシートをお送りしております。発表者や参加校の教員の皆さまから、「評価のきめ細やかさやコメントの量に、生徒も教員も感動しておりました。」「心より感謝いたします。」などコメントをいただき、満足度の高いオンラインイベントとなったことが伺えます。

審査員 大隅良典先生から発表者の中高生へのメッセージ

『若い世代の生き生きとした活動に、大変勇気付けられました。科学の世界では問題を解くことはもちろん重要ですが、問い(問題)を見つけることがとても大切です。私たちの前にはまだ見えていない世界や、沢山の未知の世界が広がっています。情報が溢れる時代だからこそ、自分の眼で見て、じっくり考えることを大切にしてください。』

東京薬科大学は今後も、サイエンスの楽しさを実感し、研究意欲の向上に寄与することができる先進的な相互交流の場の提供、日本の未来を担う研究者育成に努めてまいります。

受賞演題

大隅賞(最優秀賞*同時受賞)

S-pm13 胚発生時の低酸素状態がゼブラフィッシュの成長に及ぼす影響

Ashbury College 櫻庭 佐英子 さん

S-pm05 カカオポリフェノールの経口摂取によるヘアレスマウスの日焼け予防効果

山村学園 山村国際高等学校 塩田 はな さん

  • その他に、優秀賞2件、研究奨励賞3件、会場賞4件、優秀プレゼン賞1件、べストディスカッサー賞11件が授与されました。

本件に関するお問い合わせ

東京薬科大学 総務部 広報課