東京薬科大学の取り組み

環境への取り組み(環境保全・改善活動)

本学は生命と健康を科学し、地球環境領域をも視野にいれた学問を追究する薬学部と生命科学部から成る教育機関です。21世紀における地球環境保全・改善に寄与するために、あらゆる教育・研究活動が環境と調和がとれるよう努めています。

環境方針

  1. 薬学と生命科学を通じて、人々の健康と地球環境保全・改善への貢献を志向し、ヒューマニズムの精神に裏付けられた視野の広い技術者・研究者を育成する。
  2. 本学は公開講座・研究活動を通じ、地域社会に対し広く環境教育の啓発活動を積極的におこない、環境意識の高揚を推進する。
  3. 本学は教育研究活動に伴う環境負荷の低減(省エネ、省資源及び廃棄物の低減等)を推進するとともに、健全な環境を維持するための環境目的・環境目標を定め、全構成員は一致して、この目的・目標の達成につとめる。
  4. 本学は教育研究活動に関わる環境法令、関連機関等との取り決めを遵守し、環境汚染の予防と自然環境の保全につとめる。
  5. 本学における環境経営計画は、内部監査等を通じ必要に応じて見直すとともに、その継続的改善につとめる。

本環境方針は、構成する教職員・学生及び常駐する関連会社の職員に周知するとともに、本学ウェブサイト等を通じ、広く学内外に公表する。

平成27年4月1日
学校法人東京薬科大学 理事長 今西 信幸
東京薬科大学 学長 笹津 備規

本学における環境マネジメント

2005年に環境マネジメントシステム認証(ISO14001)を行い、2009年からは本学独自の環境マネジメントシステムである「東京薬科大学環境経営システム」を新たに定めました。このシステムは、過去に取得していたISO認証にはこだわらず、大学という環境に適した美化や安全等の項目を取り入れた 包括的な環境管理システムで、理事・教職員・学生・生活協同組合・学内常駐業者の全構成員の代表者で組織された環境経営委員会を設置しています。その、具体的な活動計画として、「環境経営5ヵ年計画(I期)」を2010年度に定めています。また、2015年度には、次期(II期)の5ヵ年計画の運用を開始しました。

環境教育・啓発活動

本学では、学内で活動する全ての人々が、環境問題を配慮し行動できるよう、啓蒙教育を実施しています。また、学部・大学院の講義に環境関連科目を設定し、環境マインドの持った学生の育成を実施しています。

廃油によるせっけん作り

廃油によるせっけん作り

リユース・リサイクル活動への協力

リユース・リサイクル活動への協力

グリーンカーテンの設置

グリーンカーテンの設置

環境ルール(法令順守)・内部監査

誰もが、環境配慮が行えるよう、資源の分別方法など、様々なルールを決めています。また、定期的にルールが守られているかを定期的にチェックしています。

資源の分別

資源の分別

ごみ置き場

廃棄物集積所

環境施設の適切な運用

排水は除害施設を経由し、公共下水道へ排出しています。また、薬品などの管理も使用量を薬品管理システムによって把握し、保管管理を適切に行っています。

薬品保管庫

薬品保管庫

地域への環境教育

緑の大切さを知ってもらうため、薬用植物園を地域の方々にも公開しています。

植物園公開

薬用植物園の公開

植物園公開

薬用植物園の公開

公開講座

公開講座